読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんの読書ノート

まぁ、とりあえず本でも読みましょうか。

【31】松本 清張『点と線』

点と線 (新潮文庫)

点と線 (新潮文庫)

九州博多付近の海岸で発生した、一見完璧に近い動機づけを持つ心中事件、その裏にひそむ恐るべき奸計! 汚職事件にからんだ複雑な背景と、殺害時刻に容疑者は北海道にいたという鉄壁のアリバイの前に立ちすくむ捜査陣……。列車時刻表を駆使したリアリスティックな状況設定で推理小説界に“社会派"の新風を吹きこみ、空前の推理小説ブームを呼んだ秀作。

倒叙ミステリーっていうんでしょ、こういうの。刑事コロンボとか古畑任三郎みたいに犯人が最初からバレちゃってるやつ。でも本当の(?)真犯人は最後まで読まないと判りません。

頭脳明晰な一人の女性が企てた恐るべき殺人計画とみるべきなんでしょうね。しかしまぁなんですなぁ(←桂小枝)、静かに燃える女の情念ほど不気味で恐ろしいものはありませんなぁ。